世の中には色んな会社があります。

「A社は合わなかったけど、B社は合う!」

ということは、ザラにあります。

 

同じ会社で「頑張れば、うまくやれるんじゃないか…」ともだもだするよりも、さくっと転職した方が気持ちも楽だし、成果も出せるようになります。

 

「会社が合わない…」と感じたら、他の会社を考えてみましょう。

私もは2社経験しましたが、かなり社風が違ってびっくりしました。

SPONSERED LINK

一社目。上下関係が厳しい、体育会の大手EC企業。

大学を卒業して入社した一社目の会社は、とても体育会系の会社でした。正直ブラックでしたが、いる人たちはみんな明るくて優しかったので、楽しかった思い出がいっぱいですw

給料は同年代の中でも高め。残業は多く、早く帰れる部署でも20時退社、部署によっては毎日終電、という感じ。

また業界大手ということもあり、イケイケドンドンの殿様営業で、また少し残念ですが顧客志向が低め

リク○ートからの転職者も多くて、めちゃめちゃ血気溢れていて、上下関係がとっても厳しい社風でした。新卒重視の会社だからか、先輩のいうことは絶対で、当然敬語は必須でタメ口なんてもってのほか、反抗や違う意見を言うのもご法度、という空気でした。

私がいた部署は営業の部署だったのですが、絶対達成が当然で、未達だと上司からがっつりつめられる文化が定着していました。

良い意味で、エネルギッシュで、激しい会社でしたw

二社目。とってもフランク。人材系ベンチャー。

二社目に入った会社は、一社目と打って変わって、とてもフランクなベンチャー企業でした。

合宿、ハロウィンパーティなど行事も多く朗らかで、20代の社員が殆どを占めていて、とてもキャピキャピしている会社でした。

まだ業界でシェアを拡大中ということもあり、お客様第一でとっても顧客志向

また中途社員が多いことや、あだ名で呼び合う文化もあってか、上下関係があまり無い、大学のサークルのような雰囲気でした。30代半ばの男性マネージャーを20代前半の女性社員がからかっていたり、というのもしょっちゅう。バリバリの体育会系の会社から来た私は、180度反対の文化にカルチャーショックを受けました…!

ちなみに私は、入社初日に配属チームの年下のメンバーたちからタメ口・ちゃん付けで話しかけられたので驚いて注意したところ、後日部長・マネージャーから直々に「うちはそういう会社だから、その文化を受け入れて。」と、逆に注意を受けましたorz

フランクさが根強い会社でしたw

転職は、案ずるより産むが易し。

私もそうでしたが、初めての転職はなんだか不安になってしまって、一歩踏み出す勇気が出ない気持ち、とっても分かります。

ただ、転職は案ずるより産むが易しで、転職してみたら、

「早く転職すれば良かった…!」
「なんてことなかった…!」
「視野が広がった。」
「働きやすくなった。」

と感じました。とりあえず一歩踏み出すのがだいじですよ!

企業は100個あったら100通り。今よりもっと合う会社はある。

企業は本当に色々あります。

もし「就職したけど、今の会社合わないかも…」と思ったら、粘るのはやめましょう。絶対、もっと合う会社ありますから!もったいないです。

とりあえず、リクナビNEXT  マイナビインテリジェンスエン・ジャパン@type、片っ端から登録して、少しでも行動しましょう。

私としては転職サイトよりも、エージェントサイトがおすすめです。

登録しておくだけでも、紹介会社の方から「こんな企業ありますよ」と色々情報を頂くことができます。私は二社目に人材会社経由で入社したのですが、とても楽でした。

 

自分の強みって何だろう?と悩まれている方は、リクナビNEXTの無料の強み診断などもおすすめです。

関連記事:無料適職診断テストおすすめ3選!自分の強みを転職や仕事に活かそう。

少しでも視野を外に広げていきましょう。きっと合う会社が見つかるはずですよ!

ご案内

このブログを書いている人

5巻以内に完結する「超」面白いおすすめマンガまとめ2017[随時更新]

連載中の「超」面白いオススメ漫画まとめ2017[随時更新]


人気記事

無料の適職診断!自分の強みを知って転職や仕事に活かそう。

スポンサーリンク